草津温泉の情報をお届けします


by mt6-kusatsu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2006年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

2006雪祭りイベント

いわゆる「お客様感謝デー」、スキー場雪祭りが開催されました。
一昨日、昨日と、僅か2日間ではありましたが、ご来場いただいたお客様に感謝を込めたお持て成しをさせていただきました。
たくさんのご来場、ご参加、誠にありがとうございました・

a0057828_8414130.jpg


しかしながら、大事なのはこのときばかりでなく、常にお客様への感謝の気持ちを忘れないことに尽きる訳で、さらに気持ちを引き締めなければなりません。


さて、いよいよ2月を迎えます。GWまで続く長いシーズンのピークを迎えます。
お正月疲れも癒え、新年の日常生活リズムが定着したお客様が、再び日常からの脱却をはかられるためでしょうか、スキー場の入込はこの2月が最高値を記録します。特に第2週末には、お正月よりも多くのお客様がいらっしゃいます。
今年は曜日配列から祝日(憲法記念日)が連休を増やす事がないため、例年ほどではないでしょうが、備えあれば憂い無し。やはり2月は侮れません。

天候・積雪量も落ち着いてきますし、スキー場本来の姿をご覧いただけるようになりますが、気がかりは「幻のゲレンデ」と呼ばれる本白根第2ゲレンデです。

a0057828_8544659.jpg


ここは急傾斜と強風が通り抜ける立地条件から、雪が定着しない当施設最大の難所。そんなわけで通常はここを開放することをお約束しておらず、開放しないこともあるまさに「幻のゲレンデ」。
雪の量は例年とさほどかわりませんが、吹雪の多かった今年は2月に開放できるかどうか。
当分はお天気サイトとにらめっこです。


「D」
[PR]
by mt6-kusatsu | 2006-01-30 08:59 | イベント

元祖!でぶや

お天気がなかなか安定しませんね。
ほぼ予報どおりであるのが救いですが、もっと良い予報を願いたい。
勿論、現実の天気も。

表題の「元祖!でぶや」が我が草津国際スキー場にやって参りました。
なんでもトリノ五輪を引っ掛けて、ウィンタースポーツ(?)をやりたいとのこと。
気持ち良く当施設のチュービングコースを気持ちよく貸切にてご提供。
「ボブスレー」ならぬ「デブスレー」で盛り上がっておりました。
a0057828_16533487.jpg

撮影の都合上、スピードは出ていませんでしたけど、ダイナミックなコースが伝わればまずまずといったところでしょうか。
今、彼らは表彰式(?)なのか、勝利者限定焼肉パーティーに出かけていきました。


さて、広報部隊の今週のお仕事、明日はFM群馬「観光ガイド800」、明後日はNHKラジオの生放送とフジテレビスーパーニュース用取材の同行。
週末は雪祭りイベントだし、今週はハードだなぁ~。


年末から一気に走ってきた感じだし、そろそろリフレッシュしなくては!
早速、今夜は草津温泉に飛び込みます!
[PR]
by mt6-kusatsu | 2006-01-25 16:54 | 取材

冬の再来

前回、雨のお話をしたのですが、まるで例年の3月のような暖かさが数日間続いた後は、また冬に逆戻りです。流石は大寒、寒い寒い。
眠っていて布団から出ている顔、頬のあたりが冷たく感じるほど寒かった。
明日、土曜には平野部にも雪が降る予報ですね。当地も雪の予報ですが、先週の暖かさでコンディションを崩したゲレンデには恵みの雪になるかも。期待する反面、今度はお客様の事が気がかりです。

雪道でトラブルを起こすのはごく一部の車両なのですが、それによって影響を受ける車は数百、時には数千を数えます。
キチンと装備をしてくれているお客様には、その準備・努力が報われるように願って止みません。この週末、事故無く穏やかに過ごせますように。

さて、いよいよオリンピックまで僅かですね。
TVでメダルを期待される選手達のインタビューを見る機会が増えていますが、何となくかわいそうにも思えてしまします。
無責任に、一方的に期待を背負わせてしまう。これはオリンピックならではのものかもしれませんね。だからこそ、オリンピックで勝つ事は素晴らしいことなのかもしれません。
でも、詰まるところ選手が目指して努力して挑むステージですから、周りが勝手に騒ぐのに惑わされず、自分の力を存分に発揮してきて欲しいものです。

頑張れ!日本選手!


「D」
[PR]
by mt6-kusatsu | 2006-01-21 00:56 | 四方山話

大雨でビックリ!

ビックリしました~、昨日。
午後3時近くになって、雨が降り出したと思ったら、夕方には大雨状態。
全てを覚えている訳ではありませんが、1月に雨が降るなんて、記憶にありません。
だって、草津の1月といったら、日中最高気温でもマイナスが当たり前。寒い日などは日中でもマイナス10度を下回ったり。
確かに日中も、かなり暖かい印象でしたけど、まさかネェ~。

さて、草津では小学生&中学生の冬休みが本日で終了となりました。
群馬県内でも、平野部では夏休みが長い分、先週から学校が始まっているんですよね。
草津では寒さがキツイ分、夏休みをカットして冬休みを長くとっています。
先日、県央平野部(草津ではここを「下界」と呼ぶ)に子供と買い物に出かけたら、変な目で見られてしまいました。気づくと周りに子供は全然いないし。
知らない方には、異様な光景なんでしょうね。
逆に知っている方には、一目瞭然で「草津の人間だ」って分かってしまいます。
それ以前に履いている靴とか、身につけている服とか、別世界の様相ですけどね。


ま、そんな訳でゲレンデからも子供達の姿が見られなくなってしまう。これはちょっと寂しい。
小学校&中学校には、体育の授業中にそれぞれ小さなゲレンデを持っているため、殆どの子供はスキーなどの道具を学校に置きっぱなし。
倶楽部などに加入している子供達は、何組もスキーを持っていますけどね。逆にこちらはお金もかかる。いやはや、大変ですよね親って。

子供達が一生懸命に取り組んでいれば、好きなことをさせてやるために頑張れるんでしょうね。
私たちの時代には、どちらかと言えば親の都合でスパルタ式だったのでは、という気がしますが、実際はどうだったのかな。そして、今の現実はどうなのかな。


教育としてのスキーと競技スキー。
30数年前、自分が感じた世界とは、大きく違う気がします。

「D」
[PR]
by mt6-kusatsu | 2006-01-15 22:09 | スキー場

大雪見舞

あぶない、あぶない。今日、更新しなければ1週間以上更新無しになってしまうところでした。
気を引き締めねば。

さて、最近はどちらのTV局も、大雪の話題が絶えませんね。
陸路を閉ざされ、陸の孤島となってしまった集落もあるとのこと、大変ご不自由な、そして不安な生活をおくられているものと思います。
心よりお見舞いを申し上げるとともに、早期の解決を祈念申し上げます。

当地でも、多くのお客様から、ご心配いただくお電話などをお寄せいただいております。
実際、この時期にしては大目の積雪量かもしれませんが、至って普通の冬です。
お気持ちは嬉しく存じますが、ご心配には及びません。ありがとうございます。

昨年末、にっぽんの温泉100選での3連覇以降、TV局を始めとするメディアの取材&問い合わせが後を絶ちません。
お客様に望まれてこそ得られる誉れですし、本当に光栄なことです。

しかしながら、「奢る平家も久しからず」

評価が上がり、注目度が高くなる分、お客様の期待もさらに大きくなるでしょう。
より一層気を引き締め期待にお応えしなくては。

ゲレンデ&コースも予定される全ては解禁され、TOPシーズンを迎えています。
ここ草津に生まれ育った私も思います。
「今年は良い!」

勉強不足で理由が言葉に表せないのが歯がゆいのですが、率直な気持ちです。
この分だと、「幻のゲレンデ」と呼ばれ2月下旬に解禁できるかできないか、とされる本白根第2ゲレンデも、少し早めに解禁出来るかもしれません。
本白根山頂から見下ろすあの景観。ガリガリに引き締まったバーンを滑り「落ちる」感覚。
是非是非、ご体験いただきたいですね。

「D」
[PR]
by mt6-kusatsu | 2006-01-11 14:14 | 温泉

2006年のSTART

遅ればせながら、新年、あけましておめでとうございます。

正月も三箇日を過ぎましたが、皆さんそれぞれに、良い年をお迎えになりましたか?
草津では、初日の出は拝めなかったものの、見事に晴れわたった元日を迎えました。
昨年末、降り続いた雪の状況も良く、お正月に草津をお選びいただいたお客様には、近年有数のコンディションを提供することができました。本当に良いお正月でした。

しかしながら、ゲレンデや周辺道路を管理する側からみますと、連日の雪に疲れがかなり蓄積しており、思わぬ事故を招いてしまう恐れも。
今朝の報道で、「雪崩で負傷者」などの見出しが並んでいましたが、本来、スキー場からすれば「自然の恵み」の筈の雪が仇になったり。
結局、「自然を護る」や「自然を利用して」などとは人間の思い上がりで、「自然に生かされている」立場なんだと、しみじみ思います。そして同時に、何事も程々が一番だと感じます。

そんな中、自然に遊ばせていただくスキーですが、今年は特に楽しいですねぇ~。
なにせ雪質が最高。重さなど微塵も感じさせず、いきなり上達したかと勘違いしてしまうほど。
とは言っても、腰痛持ちだけに、8kmのロングランコース一本をノーストップで滑り降りるのが限度。それでも十分、楽しめますけど。

今週も雪の予報。疲れもピークながら、雪が降らない時にはついつい恨み言を言ってしまいかねないのですから、降ってくれる以上、ありがたくお受けすることにいたしましょう。
勿論、安全第一で。

「D」
[PR]
by mt6-kusatsu | 2006-01-04 14:23 | スキー場