草津温泉の情報をお届けします


by mt6-kusatsu
カレンダー

<   2006年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

春の息吹、名残の吹雪

ついに東京は桜も満開となったようですね。
つい3日程前に上京したのですが、上着を車に残したまま一日過ごしてしまいました。
流石に周囲にはとけ込めなかった感じ。
花粉症も始まってしまいました(涙)。

当地から車で30分ほど下りる(すみません、厳密には上るがただしいのでしょうが、草津の方言のようなものとお許し下さい)と、梅の花は咲いていました。
確実に春は近づいてきています。
まぁ、当地に着くのは5月でしょうが。

そんな事を感じていたところ、今朝からは吹雪に。
積雪10cmといったところでしょうか。
なごり雪とは昔良く歌いましたが、名残吹雪はご勘弁を。
当施設と同じく町営施設である草津高原ゴルフ場でも、今、オープンに向けた準備が最盛期だというのに、先日のお話ではないですが、あまり嬉しくない恵みに。
予約満杯、出足好調なだけに、なんとかしなければ。

そんな天候ではありますが、先程、とある撮影のロケハンでゲレンデ脇の林に入るや否や、目の前を横切る小動物が。エゾリスです。
a0057828_1415354.jpg

画像の中央、今正に樹に飛びつこうとする姿を捉えることができました。
見かけることはあっても、これまで画像に捉えることが出来ませんでしたが、樹の根元から埋めておいた木の実を掘り出し、夢中で食べていたせいか、携帯電話の操作がギリギリ間に合いました。
いつも持ち歩いているデジカメをもっていなかったのが、悔しくてなりません。
えてしてそういうものなんですよね。

さて、この週末は第7回を迎える草津モーグルカップです。
見ても参加しても楽しい大会です。
残念ながら参加は締切となりましたが、お時間があったら、是非見に来て下さいね。
[PR]
by mt6-kusatsu | 2006-03-29 14:27 | 四方山話

開花宣言

とうとう東京では桜が開花しました。
地元群馬では、前橋地方気象台による開花予想が3月30日とのこと。
平野部の皆さんは、春・爛漫を謳歌するのも間もなくですね。

当地・草津では、桜が咲くのは5月に入ってから。
ゴールデンウィーク頃が見ごろになることが多いです。
毎年、この時期に訪れるお客様がいらっしゃいまして、滑り納めとお花見を一度に楽しむ、ちょっと欲張りな楽しみ方をされています。もう、草津の達人クラスですね。

さて、先日の投稿で触れましたが、地球温暖化は関係団体の推測を上回る速度で進行しているようです。
根本的な解決に向けては政府は勿論、国際的な規模で活動が行われていますが、私たちも出来る努力は行っていくことが必要でしょう。

当地のような寒冷地ですと、ついつい暖機運転を長めに行ってしまう方もいますし、時に駐車場でエンジンをかけっ放しで眠っている方もいらっしゃいます。
また寒冷地に限らず、夏などに見かける、エアコンをかけたままショッピングなどされる方も存在しています。
チリも積もれば山となる。
努力にも満たない、小さな心がけ一つが地球を救うことを、常に認識しておきたいものです。
a0057828_1005347.jpg

この素晴らしい山岳リゾートの四季、護っていきたいですね。

ストップ・ザ・温暖化!
[PR]
by mt6-kusatsu | 2006-03-22 10:12 | 環境

雪は恵みか

すっかり春めいてきましたね。
というより、平野部の皆さんには、もう雪山というイメージは持っていないのでしょうねぇ。
気分だけでなく、既に本当の春なのでしょうね。

私どもの群馬県でも、関東平野に位置する市町村のみなさんは、そろそろお花見の計画に熱心なことでしょう。
同じ群馬でも、平野部と当地は気温にして10度以上もの開きがある訳で、平野部で桜吹雪が舞う頃、風花が舞っていたり。

あまり知られていないことですが、ここ草津の町役場の所在地は、標高が1,171mと日本一高いのです。(ちなみに村役場を含めますと、長野県川上村が標高1,186mだそうです。)
この標高がベースにあり、そこから山岳部へと開けているわけですから、寒くても当然。
冬期の融雪道路についても、他の地域で見られるような水を噴出して雪を融かすことは適いません。そんなことをしたら、たちまち道路はスケートリンクになってしまいます。
結局、豊富な温泉熱を利用したロードーヒーティングシステムを利用しているのですが、今年のようなまとまった降り方をした場合には、効果を発揮するために時間がかかります。

雪は恵みであると同時に、生活に支障をきたす障害でもあります。
かつて「草津の冬住みは恐ろしい」とされ、明治30年ごろまでは、本当に必要な施設の留守番以外は隣村(かつては同じ草津村でした)に移り住んでいたそうです。

不自由な生活を強いられながら、草津の先人たちはこの温泉、自然を護ってきたのだと感じる時、私たちも同様に子孫に伝え残さなくてはならないと思います。
今、目の前にある自然は、私たちだけのものではない。当然、子孫に残すべきもの。

「自然は未来(子孫)からの借り物」

地球温暖化、断固阻止!
[PR]
by mt6-kusatsu | 2006-03-16 15:22 | 環境

ツアーコース

一昨日、渋峠~草津ツアーコースに出かけてきました。
ヘリコプターで降り立った渋峠、この時期にしては雪質良好でした。
途中、眼下に白根山湯釜をご覧頂ながらのフライト、絶対にお勧めですよ。
快晴の時には、遠く富士山まで見えます。

さて今回のツアースキー、実は取材でした。
SKI GRAPHICさんの撮影クルーと同行し、撮影しながらでしたが、幸い天候にも恵まれて、眺めも楽しんできました。
a0057828_1256857.jpg

興味のある方は、オフィシャルサイト掲示板にて、画像をご覧下さい。

コースについて気づいたのですが、雪融けが早いのか降った量が少なかったのか、現在の積雪量は少な目でした。
ガイド用に張り巡らせたロープが、顔の前あたりに。これは、撤収の際には木登りかなぁ~。

一応、ヘリスキーの催行予定は4月9日の予定ですが、この分だと早まる恐れも。
ご利用される場合には、お早めに!
[PR]
by mt6-kusatsu | 2006-03-11 13:05 | スキー場

3月のイベント

いよいよ3月になりました。
冬が終わってしまう寂しさと、イベントが目白押しに続く3月って、怖い...

昨日・今日も2つのイベントが同時開催しています。
一つは「草津温泉ノルディックスキーフェスティバル2006」、
もう一つは「草津ちょいなエアーカップ」。

かたや草津を代表する有名人、荻原兄弟のプロデュースによるノルディックスキー&スノーシューのイベント。
今や参議院議員となった兄・健司氏も、TVスポーツキャスターとして大活躍の弟・次晴氏も、二人とも多忙な日程を縫って駆けつけてくれました。
次晴氏に至っては昨夜、一度東京へ戻ってTV出演をこなすなど、無理を押しての協力には、ただ感謝感謝です。
会場にはスポンサーとなっていただいたマクドナルド様より、ドナルド氏が参加(本当に走った!)してくれました。
a0057828_1544750.jpg

そしてもう一つは草津の青年有志達が集い立ち上げたワンメイクエアー大会。
企画運営、全てを彼らが頑張っています。
観ている人に喜ばれ、参加した方にご満足いただけるため、知恵を絞り、工夫を凝らし、本当に良くやってくれています。

今後の草津を背負って立つ、若い力の台頭、頼もしいですね。

さて、まだまだイベントは続きます。
来週は12日の日曜日、「第10回 8kmアルペンラリー」が開催されます。
この競技はスピードを競うものでなく、最近ではファミリーに大人気の競技です。
商品も豪華ですし。

今回は明日6日が締め切りです。
間に合えば良いのですが、間に合わなかったら、残念!(古!)ですが、是非とも来年ご参加をご検討下さい。

「D」
[PR]
by mt6-kusatsu | 2006-03-05 15:45 | イベント