人気ブログランキング |

草津温泉の情報をお届けします


by mt6-kusatsu
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

悲しい現実

本来、楽しい記事で皆様を旅へ誘うためのスペースで、悲しい愚痴を溢してしまうことをお許し下さい。どうしても悲しくて、我慢ができません。

毎日、実の娘を殺してしまった狂った母親のニュースを見させられています。
目を背けたい気持ちで一杯になりますが、この話題からは逃れられません。
彼女は何故、実の母に殺されなければいけなかったのでしょう?
それ以前に、何故実の娘にさえ愛情を持てない欠陥人間の元に生まれてきてしまったのでしょう。
また、何故そのような人間を生み出してしまったのでしょう。
今回のような事件を扱うテレビなどでは、社会が生み出した闇だとか言って片付けてしまうことが多い気がするのですが、今回ばかりは狂っているようにしか思えないんです。
あの母親。彼女が私の狭いながらもも正気を保ち続けているつもりの了見を遥かに超えています。

私は無心論者で、神や仏に祈ることは一切しないのですが、それぞれの教えは耳にしたことがあります。
人はそれなりの意味があって生まれるものだと。
人に生まれるのは難しく、稀だと。
ではあの娘は何故生まれたのでしょうか。
決して愛情を満たしてくれない母のもとに。いずれは自分の命さえ奪ってしまう母の元に。
何故生まれてしまったのでしょうか。
果たして娘は何かをやり遂げたのでしょうか。
そして天上へ上っていけたのでしょうか。
神や仏という存在は、果たしてそれをどんな形で見ているのでしょうか。
全く信じられません。

私にできること。
たいしたことはできません。ただ、自らの元に生まれた命を、私が出来る限りの愛情を尽くして守り、育てることくらいです。
もう、神や仏という助けが無いのは、何度も思い知らされていますから。
by mt6-kusatsu | 2006-07-17 13:07 | 四方山話