人気ブログランキング |

草津温泉の情報をお届けします


by mt6-kusatsu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

2007年 01月 23日 ( 1 )

我が草津の森林には多くの小動物が生息しています。
最近は、国道沿いでも、足跡が見つかるようになってきました。
a0057828_9352234.jpg

直線的に、すり足なのがキツネの特徴です。
この写真、なかなか特徴がつかめているでしょ?

a0057828_9362687.jpg

こちらは特徴的には二つ並んで飛び飛びですから、テンかと思いますが、少し小さすぎるかな?
エゾリスもこれと似たような足跡ですが、ちょっと形が細長いのですが。
テンの子供、ということにしておきましょうか。

さて先日、TVのニュースで全国で熊が出没する事例が増えていることを知りました。
昨年暮、私も自宅近くで熊の親子が目撃されたという情報をもっていたのですが、年末に熊など、カモシカの見間違いではという意見もあり、どちらか判断が付かなかったのですが、やはり熊だったのか、と確信しました。

おかしいですよね。自然の動物が、その生き方すら変化に迫られてしまっています。
人間だって、人事ではありません。中・長期的な展望にたてば、次第に温暖化に対応していかざるを得なくなっていくのでしょう。
それが出来なければ、絶滅を迎えます。

きっと、他の動物にとっては、人間ほど邪魔な生き物はいないことでしょう。
地球を破壊していく元凶なのですから。
地球に与えられ、そして育てられた命ですから、温を仇で返すようなことは道として間違っていますよね。
人間の将来に待っている罰は、絶滅なのかもしれませんし、それによって地球は再生を図るのかも。
怖いことです。

地球は人間のものではありません。自分さえ良ければ、なんてもってのほか。
地球に生きる全ての命が、等しく地球で生きていく権利を持っている筈。
美しい地球を護るため、自分たちで出来ることを始めてみましょう。
by Mt6-kusatsu | 2007-01-23 09:44 | 環境